緊張 眠れない 薬

緊張や不安で眠れない時でもぐっすり安眠できる薬

このサイトでは緊張や不安で眠れなくなった時に効果的な薬について詳しく紹介しています。

 

 

会議の前や試験前のストレスによる緊張や人間関係・残業続きなどによる不安や不規則な生活、夜勤などの昼夜逆転の生活でのリズムが悪くなったりと眠れなくなる原因は多いです。そんな時に安眠できる薬を紹介します。

 

 

1、睡眠薬の種類と副作用

 


睡眠薬といってもドラッグストアやスーパーで簡単に購入できる市販薬と病院で医者の診断を受けないと処方されない薬に別れます。そして当然ですが、薬なので副作用があります。

 

ドラッグストアなどで購入できる市販薬は睡眠改善薬に分類され強制的に眠りを誘発させるものです。自然の眠りとは違い強制的に眠るわけですから睡眠の質は悪く眠りも浅い場合がほとんどです。

 

一方、病院で処方される睡眠薬は睡眠導入剤に分類されます。医者の診断を受けないと購入できないので深刻な睡眠障害などで悩んでいる人が服用する薬です。市販薬よりも購入までの工程が面倒なので市販薬よりも即効性も睡眠の効果も高いです。しかし、その分身体への負担が大きく常用すると睡眠障害以外の深刻な病気になる可能性もあります。

 

副作用の例として

 

・薬の依存症
・頭痛、倦怠感
・免疫力の低下
・健忘(物忘れ)

 

などがあります。

 

一時的に服用する分には問題はありませんが、薬に頼ってばかりの生活をしていたら問題です。緊張や不安で眠れない直接の原因を解決したり、自然由来の睡眠サプリなどで徐々に睡眠薬を服用しないでも眠れる対策をしましょう。

 

起立性調節障害

マインドガードDXの特徴

・育児で忙しくてもリラックスし、朝から元気に子供に「おはよう!」と言えるようになる
疲れを癒やす天然ハーブをたっぷり配合
・必須アミノ酸を良質な休息に必要なベストバランスで配合
・通常サプリ20粒以上の栄養素を一杯にグッと凝縮されて摂取しやすい
・素材を活かしたドリンクタイプで吸収性と飲みやすさを追求
・天然素材にこだわって厳選した休息サプリ

価格 6810円
評価 評価4.5
備考 お試しセット(15〜30日分)¥6810円 送料・手数料 無料
マインドガードDXの総評

古来から休息ハーブとして「南ポリネシアン」で重宝されてきた「天然のモリンダシトリフォリア」をたっぷり配合。
天然由来の厳選ハーブにこだわって開発され、良質な休息に必要な必須アミノ酸をバランス良く配合。
サプリメントよりも吸収性に優れているドリンクタイプのため今まで休息サプリを試しても効果が出なかった人に試して欲しい休息ドリンクです。

Suyattoハーブの休息

Suyatto(スヤット) ハーブの休息の特徴

・疲労感で休んだ気がしなかったが、心も体も軽くなるほど眠れる
・モンドセレクション最高金賞受賞
・24種類の和漢植物エキス&ハーブから丁寧に抽出
専門検査期間による放射能物質の厳しい検査体制
・ノンカフェイン、ノンアルコールで場所を気にせず飲める
・ワインのようなボトルでおしゃれで心を落ち着かせるデザイン

価格 3750円
評価 評価3.5
備考 初回限定50%OFF 送料・手数料無料
Suyatto(スヤット) ハーブの休息の総評

24種類の天然ハーブエキス(12種類の休息ハーブ配合)と2種類の休息アミノ酸を配合した休息ドリンクです。
天然素材で抽出しているので依存性などの心配もないので、睡眠薬の副作用が心配な人や依存症でお悩みの人におすすめドリンクです。
栄養素を相互にバランス良く効果を発揮するように伝統医学理論に基づきハーブを配合。

夢しずく

北の大地の夢しずくの特徴

・深い睡眠ができるようになり疲れを解消
毎日きっちり眠って休めるから、朝からすっきり目覚める
・1日たった約107円とリーズナブルで続けやすい
仕事もプライベートも楽しめるようになった
・憂鬱な朝を気持ちのよい朝に変わって嬉しい気持ちになれる

価格 3790円
評価 評価4
備考 通常定期¥3790円 お試し定期¥3411円
北の大地の夢しずくの総評

寝たいのに寝れないのは非常につらいですよね?満足に疲れが取れないあなたにピッタリなのが「北の大地の夢しずく」です。
アスパラガスが持つ休息成分誘発物質を配合し、今まで様々な対策を試してもダメだった人でも直接、体内に「休息成分」を取り入れることで誰でもベッドに入って「すやすや眠ること」ができるサプリ。
売ったらそれっきりの会社が多い中、健康管理士と専任アドバイザーによる丁寧なサポートでサプリとのダブル効果が魅力です。

 

2、睡眠改善薬

 

・ドリエル
・ドリエルEX
・プロリズム
・グ・スリーP(第一三共ヘルスケア)
・ ネオデイ

 

効果

 

普通に生活していても「眠りが浅い」、「眠りが悪い」などの一時的な眠れない症状に効果がある薬です。風邪薬や抗アレルギー薬に含まれるジフェンヒドラミンは眠気を誘発させる成分です。

 

眠気を誘発させる成分だけを活用して、徐々に眠りにつくようにさせる薬です。一時的な不眠に対しては効果がありますが、重度の睡眠障害である病気の類の場合には効果がないので医師に診断してもらった方が良いでしょう。

 

鎮静剤

 

睡眠改善薬以外にも鎮静剤も睡眠の効果があります。以下の2つが代表的なお薬です。

 

・イララック
・パンセダン

 

 

成分

 

・パッシフローラ
・ホップ
・カギカズラ
・セイヨウヤドリギ

 

 

効果・効能

 

神経過敏やイライラ・緊張や不安・興奮状態を鎮静化させ、その時に生じる頭の重み・疲労や倦怠感などを緩和できます。鎮静作用を利用して入眠に入るタイプです。クレーム対応や上司からの無茶な命令などでイライラしたり緊張して寝付きが悪い時に利用すると良いでしょう。鎮静剤の成分にはハーブが使用されていますが漢方薬とは若干異なる鎮静剤となっています。使用されている4種類のハーブには鎮静作用に効果があります。

 

 

漢方薬

 

漢方薬で不眠症におすすめなのが「酸棗仁(さんそうにん)」という成分を含んでいるのがよいです。酸棗仁湯を成分として含んでいる睡眠改善薬は2種類あります。

 

 

・ホスロールS
・漢方ナイトミン

 

酸棗仁(さんそうにん)
知母(ちも)
川?(せんきゅう)
甘草(かんぞう)
茯苓(ぶくりょう)

 

 

効果

 

5つの成分が自律神経の働きを正常に戻す効果があるので、ストレスや極度の緊張、不安、神経過敏、軽い不眠症の症状を緩和させることができます。

 

鎮静作用のおかげで自然な眠りに入ることができますが、体力に自信のある方には効果が出にくいので虚弱体質の方に向いています。

 

医者から処方される睡眠導入剤のような即効性はありませんが、その分副作用の心配が少なく安心できます。数ヶ月の間は服用を続けて少しづつ自律神経の働きをバランス良く調整してくれます。

 

睡眠薬を飲む時の注意点

 

睡眠薬の効果を効果的に発揮するためには、正しい方法・容量を守って使用しないと効果が低くなってしまいます。勝手な思い込みや勘違いなどで間違った飲み方は効果が薄れるばかりか、逆に危険になることもあるのでご注意下さい。

 

正しい薬の飲み方をご紹介します。

 

アルコール・カフェインと同時に睡眠薬は飲まない

 

薬には効果を薄めたり、別の症状を発生させたりと薬の成分と飲み物の相性があります。寝る時にお酒と一緒に飲んだり、お茶系と一緒に睡眠薬を飲むのは避けましょう。アルコール類と一緒に睡眠薬を飲んだ場合、睡眠薬とアルコール類の両方の催眠作用が出てしまい、翌日には眠気や気だるい感じが残ってしまいます。

 

また健忘症(物忘れ)や頭の回転が低下したりと副作用の症状も出てきます。仕事での疲れやストレス解消にお酒を飲むのは良いですが、面倒くさいからと言ってお酒で薬を飲まないようにしましょう。どうしても時間が無い場合は最低でもお酒を飲んでから30分以上経ってから、睡眠薬を飲むようにしましょう。

 

アルコール類は晩酌を楽しむ程度に抑えて、飲めなくなるまで飲むのは薬の効き目も弱まりますし身体かかる負担が大きくなります。よく寝酒が眠れるようになると言われますが、お酒の力に頼った睡眠は眠りが浅く、睡眠の質が悪いので頭がスッキリせず集中力も散漫になりがちです。そして、お酒を飲まないと逆に眠れないという依存症のリスクも高まるので寝酒はやめるのが良いですね。

 

 

睡眠薬を飲んだら、すぐに眠るようにする

 

睡眠薬を飲むタイミングですが、寝る20〜30分前に飲むのが基本です。残業などが少なく就寝時間がある程度決まっているなら、薬を飲む時間も自然と固定できるので習慣化は簡単だと思います。眠るために睡眠薬を飲むわけですから、飲んだら余計な作業やスマホをいじるなどはせずにベッドに直行して就寝してください。

 

最近、夜勤の仕事をする方が増えて夜中の休憩時間に、睡眠薬を飲んで仮眠を取ろうとする人がいますが避けたほうが良いです。薬によって強制的に眠るようにするので薬の作用で行動中のことを覚えていない可能性があり、仕事のミスやトラブルの元になるかもしれません。

 

質の良い睡眠を取るためには睡眠のリズムが大切です。人間の睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠の2種類あり交互に繰り返します。ノンレム睡眠とレム睡眠を1サイクルと考え、大体1サイクルが90分となっています。ですから睡眠の途中で起きてしまうと睡眠のリズムが崩れてしまい、思うように脳が休息を取れずに疲れが溜まってしまいます。
中途覚醒で夜中に起きたからと言って、起きてしまったタイミングで睡眠薬を飲むのは逆効果です。中途半端なタイミングで睡眠薬を服用したせいで翌日に眠気やふらつきなどの睡眠薬の副作用が出てしまうからです。

 

睡眠薬はいつでも飲んで良いものではなく、寝る前に飲むのが最高のタイミングだと理解して睡眠薬の効果を最大限に発揮できるようしましょう。また、不眠症以外の病気の薬を飲んでいる場合は、薬の相性があるので副作用が出ないか掛かり付けの医師に相談してから服用しましょう。

 

睡眠薬のメリットとデメリット

 

会社での緊張や不安で睡眠に悩みが出てくると睡眠薬に頼ろうとするのは少し考えてください。睡眠薬にも当然ですが、メリットとデメリットがあります。このデメリットの部分がメリットよりも大きければトータルで考えるとマイナスな結果にしかなりません。

 

特に睡眠サプリなどの健康補助食品とは違い、医者から処方される睡眠薬は強力な薬です。強い薬はその効果の反面、副作用や別の病気などの原因にもなることも十分考えられます。

 

睡眠薬の使用は本来は短期間だけの使用が推奨されているものです。

 

睡眠薬のメリット

 

・緊張や不安などで眠れない不眠時に薬の力で強制的に眠ることができる
・イライラやムカムカする気持ちを落ち着かせ精神の安定化を促し、一時的に感情を落ち着かせる

 

睡眠薬のデメリット

 

・睡眠薬では根本的な不眠の解決はできない。
・睡眠の質が悪く、眠気が残ったり疲れも取れない
・依存症のリスクがある